TEL
MENU

葉っぱ矯正はいつからはじめればいいの?

 

妊娠中は相当な時間をかけて骨盤の中で赤ちゃんがどんどん成長し、

妊娠後期になると出産に備えて骨盤の開きも大きくなっていきます。

当然、出産時には赤ちゃんが骨盤を通りますので骨盤のダメージは少なくありません。

 

帝王切開で出産されたとしても、

妊娠中から出産直前にかけて骨盤が開いていくことに変わりはありませんので、

自然分娩・帝王切開にかかわらず骨盤は開くといっても間違いではありません。

 

そのように妊娠・出産を通して開いた骨盤ですが、

出産後も子宮内での出血が続いたりと非常に不安定な状態が続きますので、

出産直後からの骨盤矯正はあまりお勧めできません。

 

特に強い刺激を加えるような矯正法は絶対に受けるべきではありません。

 

 

腰や股関節などに痛みが出ているのであれば、

出産直後でもその痛みをとる治療は必要になりますが、

極力身体へ侵襲性の低い治療を選択されると良いと思います。

 

産後骨盤矯正は産後のケアとして行うものですので、

骨盤や不安定な状態になっている臓器がある程度安定してから行うほうが

安心して矯正を受けていただけますし、効果的にもそうされたほうが良いかと思います。

 

骨盤の状態が落ち着くのには個人差があり、

一概にこの日から大丈夫というのは難しいのですが、

骨盤の状態が少しづつ落ち着いてくる時期を目安に始められるのが良いかと思います。
自然分娩の場合➡「1か月半~2か月頃」
帝王切開の場合➡「2か月以降」

 

また、産後しばらくたってからの骨盤矯正は、

早く受けられるに越したことはないのですが、産後1~2年経っていても効果はありますし、

産後10年以上経っていても少し時間はかかりますが、

骨盤の状態を産前の状態に戻すことは可能です。

 

ですので、「もう出産後何年も経ってるし・・・」と

あきらめずに、まずはお気軽にご相談ください!!!

 

 

葉っぱ骨盤矯正の効果は?

 

出産後のお悩みで多いのが、

腰の痛みや違和感、股関節の痛み、脚のむくみ、足の冷え、下腹の出っ張り、

尿漏れ、恥骨の痛みなどがあります。

 

これらの症状は、妊娠から出産による骨盤の開きやゆがみによるものと、

骨盤を支えている筋肉のバランスの乱れが原因として起こってきます。

ですので、骨盤の開きやゆがみを整えてあげれば

症状は治まっていくという事になります。

 

もしあなたが出産後に、

腰の痛みや、違和感、股関節の痛みや上記の症状に当てはまるものがあれば、

それは骨盤の開きやゆがみが原因で起こっているものかもしれません。

もし原因が本当に骨盤によるものであれば、

産後骨盤矯正を受けられることで症状は改善していくでしょう。

 

 

葉っぱ何回位治療を受ければいいの?

 

これはなんとも答えるのが難しいところなのですが、

人により骨盤の開きやゆがみの具合は様々ですので、

たった一回の矯正で良くなる方もいらっしゃれば、数回の矯正が必要になる方もいます。

 

当院では、おおよその目安ですが、

産後一年以内の方でしたら3~5回で骨盤の状態が整う方が多いかと思います。

あくまでも目安ですので、中には一回で良くなる方もいればそれ以上に必要な方もいます。

 

これ以上の細かいお話は、

やはり一度お身体の状態を診させてから直接伝えることになりますので、

ここでの説明は簡単ではあるのですがこれくらいにさせていただきます。

よろしければ相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

たろう保健整骨院

048-677-0643

春日部市大枝352-3