TEL
MENU

「巻き爪」症例画像

辛い巻き爪で何年もお悩みの方でも綺麗な爪に戻っています。
月1度の来院でOKだから精神的にも負担が少なく施術が続けられます。


★春日部市在住 S様 70代女性 巻き爪補正before→after(施術2回目)

巻き爪症例画像

【S様のケース】
beforeの写真を見ると、皮膚の真ん中に縦線が入っているのがはっきりと分かります。
爪が内側に巻くことでお肉も真ん中に締め付けられているのがよく分かります。
afterの写真は施術2回目後の写真ですが、S様の場合は施術1回目から爪が平らに補正されましたので痛みは初回でほとんど消失させることが出来ました。
2回目以降、痛みもなく爪の生え変わりまで補正を続けることにより巻き爪を完治することができました。

★S様の場合は【靴による締め付け】【乾燥】が主な原因となり巻き爪を発症されました。
巻き爪が完治した後も【先の細い靴を長時間履かない】【乾燥に対するケアを行う事】これらを十分注意して行う事により再発なく過ごしていただけると思います。


★春日部市在住 K様 30代女性 巻き爪補正before→after(施術1回目)

巻き爪症例画像

【K様のケース】
重度の巻き爪ではありませんが、しっかりと爪が湾曲している巻き爪です。
巻き爪は進行性のものなので放置しておくとK様の場合でも重度の巻き爪へと進行する可能性が高いです。

★K様の場合は軽度の巻き爪で、痛みを感じてからすぐにご来院されましたので、進行を早い段階で食い止める事が出来、更に補正料金も抑えられました。


★春日部市在住 T様 70代女性 巻き爪補正before→after(施術2回目)

巻き爪症例画像

【T様のケース】
T様の場合は足の人差し指の巻き爪です。ホチキス型で内側に折れるように巻いているのがよく分かります。人差し指は親指に次いで巻き爪が多い場所です。T様の場合はとてもお洒落な方なので、長年に渡り先の細い靴・パンプスなどを履いていたことにより、靴の圧迫により親指側の人差し指の爪が当たり、巻き爪を発症されたと思われます。

★補正後は初回から痛みが軽減し、日常生活の中で痛みを感じることなく過ごしていただけました。完治後も、先の細い靴で足先を締め付けないよう注意して過ごしていくことで再発なく過ごしていただけると思います。


★越谷市在住 H様 70代女性 巻き爪補正before→after(施術1回目)

巻き爪症例画像

【H様のケース】
当院へお越しになる前は皮膚科にて、「爪切り」や「テーピング」を行い痛みの対処をしていたそうです。「爪切り」や「テーピング」はその場だけ痛みを抑えられますが、根本的な解決法ではありません。H様の場合は靴に爪先が当たると歩けない痛みを抱えていましたので、冬場でもつま先の開いたサンダルを履いて外出されていたようです。また、長時間の外出や旅行などのお出かけにも不安を感じていたようです。

★補正1回目よりだいぶ爪を持ち上げる事ができました。痛みも軽減し大変喜んでいただけました。旅行にお出かけされたり楽しめる機会も増えたようで大変安心しました。完治後は「乾燥のケア」や「適切な爪の長さを保つこと」に注意し過ごされることで再発なく日常生活を送っていただけると思います。


★春日部市在住 O様 30代女性 巻き爪補正before→after(施術2回目)

巻き爪症例画像

【O様のケース】
内側部分の爪が食い込んでいる皮膚が炎症を起こし赤く腫れています。このまま放置すると巻き爪は進行し皮膚が化膿していく可能性が高いです。化膿してしまうと補正具がつけられなくなってしまう為、O様は化膿する前に来院されたので補正具を取り付ける事が出来ました。O様の場合は爪を深爪に切ってしまい、巻き爪を発症してしまったようです。深爪は巻き爪の大きな原因となりますので注意が必要です。

★爪が皮膚にぶつかることによって炎症が起きていましたが、ぶつかりがなくなれば皮膚の炎症は数日でおさまります(炎症が強い場合は数週間かかる場合もあります)O様の場合は施術2回目のご来院時には炎症はほとんど治まっていて、腫れや赤みもなくなって痛みも消えていました。


★春日部市在住 I様 50代男性 巻き爪補正before→after(施術2回目)

巻き爪症例画像

【I様のケース】
片側の爪がしっかりと皮膚に食い込み、周りの皮膚に爪が陥入しているのが分かります。爪の周りの皮膚がふっくらと腫れています。中度の巻き爪です。I様の場合はご職業柄、立ち仕事で一日中立っていることが多く、なおかつ履いている靴の圧迫などが主な原因となったのではないかと考えられます。

★初回の施術後から痛みは軽減されました。2回目の補正時には爪の食い込みも取れて周辺皮膚の腫れも引き、見た目にも綺麗になりました。長時間履くお仕事用の靴など、圧迫の少ないものを選ぶようにし、爪を適正な長さで清潔に保ち、乾燥のケアをしていくことが重要です。


★春日部市在住 H様 50代女性 巻き爪補正before→after(施術2回目)

巻き爪症例画像

【H様のケース】
爪の乾燥が進み爪に厚みが出ています。乾燥は巻き爪の大きな原因となります。H様の場合は「乾燥」や「靴の圧迫」により巻き爪を発症されたと考えられます。

★爪は乾燥すると縮む性質を持っています。縮んだ爪は伸びる過程で巻いてしまいます。巻き爪の原因で非常に多い「乾燥」お風呂上りに爪に保湿クリームを塗るなどして対策をすることで巻き爪を予防することが出来ます。


★越谷市在住 O様 70代女性 巻き爪補正before→after(施術1回目)

巻き爪症例画像

【O様のケース】
お怪我をされてご入院されていたようで、ご入院期間中にご自身で爪が切れなかったため、爪を切ってもらっていたとの事です。爪を深爪の状態に切ってもらっていたようで、それが巻き爪の原因となってしまったと考えられます。また、爪の乾燥もみられるので、爪の乾燥も巻き爪の原因となってしまったようです。

★間違った爪切りは巻き爪の原因となります。爪は短すぎても長すぎても巻き爪の原因となります。自分の足を真上から見下ろして、足の指のお肉が爪から1ミリ~2ミリ見える長さが適切な長さとなります。


★春日部市在住 K様 40代女性 巻き爪補正before→after(施術2回目)

巻き爪症例画像

【K様のケース】
片側の爪が折れ曲がるように巻いています。皮膚周辺に赤みや炎症はありませんが、放置しておくと巻き爪が進行し周辺皮膚が炎症を起こし、激痛に感じるようになります。

★巻きが強かった部分の角度が見違えるように平らになりました。K様はスポーツをご趣味でやられているとの事なので、ジャンプしたりつま先を使う競技の場合は補正中は装具の割れに注意が必要になります。あまり強い衝撃があると割れてしまう可能性があります。スポーツをやっている方の場合はお気軽にご相談下さい。


★越谷市在住 T様 50代女性 巻き爪症例画像before→after(施術2回目)

巻き爪症例画像

【T様のケース】
乾燥が進み爪が割れてしまっています。乾燥は巻き爪の大きな原因となります。親指・人差し指が巻き爪補正中です。補正初回より痛みが軽減しています。T様の場合は他の指も巻き爪傾向にありますので、補正をご検討中です。

★巻き爪の原因で非常に多い「乾燥」爪は乾燥すると縮んでしまう性質を持っています。30代~乾燥が進む傾向にありますので十分注意が必要になります。


★越谷市在住 M様 60代女性 巻き爪症例画像before→after (施術1回目)

巻き爪症例画像

【M様のケース】
左右とも巻いている巻き爪です。特に外側の爪は内側に強く巻いています。M様の場合は補正1回目でかなり角度を改善させることができました。乾燥や靴による締め付けにより巻き爪を発症されたと考えられます。

★個人差はありますが巻きの強い巻き爪であっても補正1回目から、これだけの補正が可能です。今まで我慢していたのが何だったんだ・・と言われる方が沢山いらっしゃいます。補正期間については「爪が生え変わるまで」補正を続ける事により根本的に巻き爪を改善しますので、1回目で痛みが軽減したからといって、そこで補正を止めてしまうと、補正具を取った時に再び巻いた爪が生えてきます。しっかりと治す為にも爪が生え変わるまで補正を続けることが必要になります。


★越谷市在住 T様 40代女性 巻き爪症例画像before→after(施術2回目)

巻き爪症例画像

【T様のケース】
中度の巻き爪です。炎症や腫れはありませんが、このままほおっておくと重度の巻き爪へと進行する可能性が高いです。補正後は日常生活の中で痛みを感じる事はなくなりました。

★足を使うスポーツをやられているT様。強い衝撃があると補正具が割れる可能性がありますが、補正具をカバーしたり工夫しながら行っていただいているので補正具が割れることなくスポーツを楽しんでいただけているようです。


★さいたま市在住 Y様 60代女性 巻き爪症例画像before→after(施術2回目)

巻き爪症例画像

【Y様のケース】
Y様の場合、外反母趾気味の足の形をしている為、指が靴の中で締め付けられ圧迫されることにより巻き爪を発症してしまったと思われます。更に乾燥もみられるため巻き爪が進行していったようです。

★施術初回より痛みが軽減しました。Y様の場合は外反母趾の為、幅の狭い靴を履くと補正具があたってしまう傾向がみられました。どうしてもパンプスを履かなくてはいけない場合は、なるべくつま先はラウンド型、スクエア型のパンプスを選ぶようにしましょう。(※巻き爪の大きな原因の一つである先細りの靴。完治した後も、先細りの靴を履き続けると再発する恐れがあります)また、補正具が当たらないよう指の股にクッションとなるサポートをすることで補正具があたるのを防止することが出来ます。その際はお気軽にご相談下さい。


★越谷市在住 H様 40代女性 巻き爪症例画像before→after(施術2回目)

巻き爪症例画像

【H様のケース】
かなり皮膚に食い込みが見られる巻き爪です。痛みもかなり出てしまっている状態です。両側に巻きがみられますので指のお肉が寄せられてしまっているのがよく分かります。このまま痛みを我慢し放置してしまうと巻き爪はどんどん進行し、周辺皮膚の炎症が強まり、化膿する可能性が高いです。

★痛みが出ている状態でのご来院でした。かなり食い込みがみられましたので、補正具をつける前に下地衛生処理と言って爪に補正具がしっかりと着けられる状態にお掃除をしていきますが、その際に多少痛みが出ましたが、補正具を着けた後は、爪が食い込む痛みから解放され爪に隙間ができました。爪が食い込んで出ていた皮膚の炎症は数日でおさまります。

 

※随時更新して参りますので、その他症例画像につきましては今しばらくお待ちください