TEL
MENU

Blog記事一覧 > 痛みやケガは休息が必要なサインの記事一覧

痛みやケガは休息が必要なサイン

2015.09.13 | Category: スポーツ障害・ケガ

こんにちは。

春日部市大枝(せんげん台徒歩5分、武里駅徒歩12分)にあります、

たろう保健整骨院のスタッフの吉田です。

 

ケガや痛みは休息が必要な最終サインです

皆さんは、ケガをしてしまった・痛めてしまった時、きちんと休んでいますか?

仕事・家事、趣味に遊び・・

どれも人生を楽しく送るには欠かせないものかもしれません。

しかし、ケガをしてしまったり痛みが出てしまうのは

「少し身体を休めなさい」というサインです。

仕事がいそがしかったり家事が忙しかったりすると

自分の身体の不調に中々気がつけなかったりします。

そして痛みが出てから、初めて自分自身の身体の変化や不調に気が付くことがあります。

痛みが出る前に不調のサインはあったかもしれません。

しかし忙しさのあまり、自分自身の身体のケアに関心が届かず、

初歩段階での不調に気が付けず、痛みやケガといった最終的なサインで気が付くことになります。

出来ればこのような事態は避けたいものです。

 

 

そして万が一、ケガをしてしまったり痛みが出てしまった場合は、

ケガをしてしまったなりの生活を送らなければなりません。

健康体の時と同じ生活のリズムを送ろうとする人ほど

中々痛みやケガから回復できずに気持ちだけが焦ってしまう事が多いです。

 

早く仕事や趣味に復帰する為にも

ケガや痛みのある場合はしっかりと休息し、施術に専念しましょう。

 

そして、そうならない為にも日頃から予防に努めましょう。

「予防に勝る施術法はない」と言われるように

日頃の予防はとても大切な事です。

 

ケガをしない為の予防として有効なストレッチ法や筋力トレーニング

当院にて指導しております。

お気軽にご相談ください。

また、万が一の怪我や痛みの施術につきましてもお気軽にご相談ください。

一緒に頑張って治して行きましょう!