TEL
MENU

Blog記事一覧 > 高齢者の肩こり予防体操の記事一覧

高齢者の肩こり予防体操

2015.10.04 | Category: 首・肩の痛み

こんにちは。

春日部市大枝(せんげん台徒歩5分、武里駅徒歩12分)にあります、

たろう保健整骨院のスタッフの吉田です。

 

「高齢者の肩こり体操」

肩こりとは?

首や肩、背中に「痛み」「重だるさ」「突っ張り感」が起こります。

症状も人によって様々で症状を感じる人もいれば、

全く自覚がない人もいます。

肩こりに共通していることは、首や肩、背中の筋肉の力が抜けなくなっている点です。

「肩こり」という病名はなく、これは病態を表す名称です。

 

1.原因

肩こりの原因は筋肉(主に僧帽筋の血流が悪くなる)や、

※僧帽筋・・・人間の背中の一番表層にある筋肉

目の疲労、背骨の変形、悪い姿勢、肥満、運動不足など色々あります。

肩こり体操は症状の改善、筋肉の力を抜きやすくし、肩こりの症状を和らげる体操です。

 

2.注意

肩関節に痛みを感じるようになった時や、首の痛み・手がしびれる場合は、

医療機関を受診して下さい。

 

3.予防法

●適度な運動を少しづつでも行う

●首や肩を冷やさない

●入浴で血行を良くする(38℃~40℃)のぬるめのお湯でゆっくりとつかる

 

効果的な肩こり体操

※筋肉には力を入れた後に緩む性質があります

①姿勢を正し、両方の方を耳に近づけるように

ゆっくり上げて肩をすくめます

②息を止めないで出来るだけ高く肩を上げ続けます

③5秒たったらストンと一気に力を抜いて肩を下ろします

④3回繰り返します

 

「肩甲骨の運動」

※肩こりのある方のほとんどは、背中が曲がって肩が前に突き出ています。

肩の位置を戻せるように、肩甲骨の運動をしましょう。

①頭の後方で両手を組みます

②胸を後ろに軽く反らしながら両手の肘を横に開きます

③肩甲骨をしっかり後ろに寄せるよう意識します

④息を止めないで5秒たったら元の位置に戻します

⓹3回繰り返します

 

~彩のけんこうより~

 

簡単にできる運動なので、毎日続けることが大切です。

健康維持の為にも頑張って運動をしましょう!