TEL
MENU

Blog記事一覧 > 急性胃炎にご注意を!の記事一覧

急性胃炎にご注意を!

2014.12.10 | Category: 新着情報,日記

こんにちは。

春日部市大枝(せんげん台駅徒歩5分)にあります、

たろう保健整骨院のスタッフの吉田です。

 

スーパーなどでもおせち料理に使う食材が並び始めましたねwink

年末年始の雰囲気が漂い始めました。

その前にクリスマスというイベントもありますが・・yes

 

先日、私も友人たちと忘年会をしました。

週末ともなると遅くまで忘年会をやっている若者が沢山います。

みんな楽しそうですねwink

 

皆さんも、これからクリスマス、忘年会、新年会と

お酒を飲んで、美味しい料理をたらふく食べる機会が増えるかと思います。

普段より多くに負担が掛かる季節ですね。。

たまには思いっきり飲んで食べても良いかと思いますが、

この状態が続いてしまうと・・・

「疲れたがが悲鳴をあげます・・・」

暴飲暴食すると胃はどんな状態に??

食べ過ぎ飲みすぎにより、の壁が引き伸ばされてしまいます。

それにより消化の為の運動機能が低下してしまい

消化不良を起こします。

また、胃酸が大量に分泌されてが荒れてしまいます。

胃の粘膜が傷つけられてしまいます。

 

また、強い胃の痛みや吐き気が起こる場合は急性胃炎を引き起こすこともあります。

急性胃炎を繰り返していると「慢性胃炎」になってしまいます。

こうなってしまうと厄介です・・・crying

急性胃炎の症状としては、の不快感から痛み、嘔吐。

時には吐血することもあります。

過度のアルコール摂取も原因の一つとなります。

激しい嘔吐や胃痛がある場合は早目に専門医を受診するようにしてください。

 

胃に負担をかけてしまった後のケア

胃に優しい食生活をしましょう。

冷たいものや熱すぎるものも良くありません。

ぬるま湯などで水分を補うようにしましょう。

が炎症を起こしている時は

出来るだけの粘膜を刺激するものは避けましょう。

アルコール・油っこいものは厳禁です。

タバコの吸いすぎも良くありません。

そして、ゆっくり噛んで食べることも重要です。

にかける負担を最小限にすることができます。

「おかゆ・うどん」などの柔らかいもので食事を済ませるようにしましょう。

 

外食もたまにはいいですが、

自宅でゆっくりと、優しい食べ物を身体に取り入れ、

ストレスのない時間をゆっくり過ごすことで身体もリセットされます。

無理にでも、身体の為の時間を作るように心がけましょう。

 

2015年を気持ちよくスタートさせるためにも

2014年の締めくくりまで、元気に頑張りましょう!!!