TEL
MENU

巻爪の再発について

2018.10.11

たろう保健整骨院へ巻爪のお悩みでご来院される方の中に、
「ワイヤー補正」「手術」「BSスパンゲ」「ネットで購入した巻爪ロボ」・・・など
以前に何らかの方法で巻爪の治療した後、数カ月~数年経ってから、
再び巻爪が再発してしまい当院へご相談にいらっしゃる方も多くいらっしゃいます。


多くの方が「自分自身が巻爪になった原因」を知りません。
「巻爪になるメカニズム」や「巻爪予防」について十分な説明を受けないまま、
なんとなく治療をして、なんとなく痛みが取れたので
「もう治ったと思った」と思っていたら再び爪が巻いてきた、という方が多くいらっしゃいます。
これは、巻爪になってしまう原因を知らないために、
再び巻爪になる生活を送ってしまったため、再発してしまった結果だと言えます。


たろう保健整骨院で行っている巻爪補正法「ペディグラス法」は、
その場だけ痛みを取るような方法ではなく、
しっかりと爪が生え変わるまで補正を続けることにより巻爪を根本的に改善します。
爪の根元の形を変えるまで(爪が生え変わるまで)施術を受けていただくと
元の状態に戻ることは滅多にありません。
但し、患者様ご自身で「この位でいいだろう」「今は痛くないからもう終わりでいいかな」
などと勝手な判断で施術を途中で中断されますと元の巻爪の状態に戻っていく事があります。

そういったことで安易に再発させないためにも、たろう保健整骨院では
施術を受ける前に「無料カウンセリング」を設けており、
カウンセリングの際に巻爪の原因の説明や巻爪補正の期間、料金など、
しっかりと事前にご説明させていただいております。
そして、ご納得いただいた上で施術を開始させていただいております。

巻爪が再発する原因

●正しい爪切りが出来ていない(深爪・長すぎる爪)
●きつすぎる靴・足に合わない靴を履いている(先の細い靴・サイズの合っていない靴)
●爪の乾燥のケアがされていない(爪は皮膚の一部です。爪は乾燥すると巻いてくる性質があります)

など、上記にある原因はご自身で気をつけることで巻爪の再発を防ぐことができます。
痛みのない日常生活をキープするためにも気をつけるようにしましょう。
上記の原因以外では【遺伝的要因】により再発をしてしまう場合もあります。

遺伝的要因での巻爪の再発

巻爪になる要因を取り除き、尚且つ根元上げをしていても次々と巻いている爪が出てくる場合、
遺伝的な巻爪である可能性が考えられます。
また、重度な外反母趾の場合、巻爪の再発がみられる場合もあります。
その場合は継続的な補正にて巻爪による痛みを防ぐ方法がありますのでご相談下さい。

 

巻爪の痛みでお悩みの方、是非「無料カウンセリング」にてお悩みをご相談下さい。
無料カウンセリングは要予約となりますのでお気軽にご予約下さい。

たろう保健整骨院 電話:048-677-0643

 

 

分厚くなってしまった【巻爪】

2018.09.21

春日部市たろう保健整骨院「巻爪ブログ」をお読みいただきありがとうございます。

巻爪でお悩みの方、ぜひご参考になさってください。


今回は「分厚くなってしまった巻爪」症例をご紹介させていただきます。

 

 

【春日部市在住 80代 男性】

before写真とafter写真、見比べてみても同じ方の爪だとは思えないかもしれません。

それほどまでに爪の状態に変化が出ました。

こちらの症例の方は、1回目の補正でここまで変化が出たことに驚かれていました。

 

before写真を見てもらうと、かなり爪が分厚くなってしまっているのがよく分かります。

この状態では自分自身では爪が上手く切れません。

更に、爪が分厚く硬い為に爪の食い込んでいる部分を確認することができずに、

爪の端がどんな状態なのか分からないまま痛みを我慢されていました。

 

after写真は補正具を着けた状態の爪です。

透明な補正具なのでどこについているのか一目ではわかりません。

こんもりと丸まっていた爪の角度が広がっているのがよくわかると思います。

爪が皮膚にぶつかっていた部分の痛み(炎症)は、爪のぶつかりがなくなったので徐々に治っていきます。このまま爪が生え変わるまで補正を続けることで巻爪を根本的に改善していきます。

 

※巻爪について詳しくはこちらをご覧ください【巻爪補正について】

 

見た目に関しても、ジェルでコーティングして仕上げているので

ツヤツヤで見た目にも非常に綺麗な仕上がりです。

女性には特に嬉しいですよね。

※ご自身でペディキュアを塗っていただくことも可能です。

正し、ペディキュアを落とす際には当院で行います。

除光液を使用してしまうと補正具が剥がれてしまう可能性があります。

その際はお気軽にお申し付けください。


症例画像のように、ここまでの状態になってしまうと、

痛みを諦めてしまい長年我慢してしまう方が非常に多いです。

しかし、「たかが爪のこと」と思っていても

人間が正しく歩くためには非常に大切な役割をしています。

爪が正しく生えていることによって足をしっかりと踏ん張り正しく歩くことができます。

巻爪の状態では痛みを庇うような歩き方になってしまい

「腰痛」「ひざ痛」「股関節痛」「身体のゆがみ」にまで影響を及ぼすことがあります。

巻爪を治したら「坐骨神経痛」が治った方や、

膝の痛みが治った!なんて方もいらっしゃいます。

 

巻爪でお悩みの方は、是非たろう保健整骨院へお任せください。

まずは無料カウンセリングにてお気軽にご相談ください。

 

たろう保健整骨院 電話:048-677-0643

 

 

 

【中度の巻き爪before→after症例画像】

2018.07.29

こんにちは。

たろう保健整骨院スタッフの吉田です。

 

連日の猛暑で身体が参ってしまいそうです・・・。

皆様、お身体は大丈夫でしょうか??

本当に今年の夏は「無理は禁物!」です。

春日部市内の放送でも「無理な外出は控えましょう」と呼び掛けています。

涼しい時間帯に買い物を・・なんて思っていますが、

朝から晩まで暑さが厳しいです・・。

自分自身で身体を守るために、しっかりと自己管理するようにしましょう!

 

中度の巻き爪症例画像

巻き爪症例画像

 

越谷市在住 40代女性 before→after 巻き爪症例画像

before写真を見ると、向かって左側がクルッと巻き込んでいるのがよく分かります。

爪が皮膚に食い込み、爪周辺の皮膚に軽い炎症がおきているため、

親指全体が赤く腫れています。この状態だと歩く時にも痛むことが多いです。

痛みがある為に、爪にゴミが溜まっていても自分でゴミを掻き出すことができない為、ゴミが溜まったままの状態になっていることが多く、衛生的にもよくありませんし、そのゴミの圧迫で更に痛みが増すことがあります。

 

【補正2回目】炎症も治まり爪の角度も平らになりました

after画像を見ると爪の角度が持ち上がり、皮膚への食い込みもなくなったので、爪周辺の皮膚の色も正常に戻っています。皮膚の炎症が治まったので痛みはなくなりました。日常生活の中で痛みを感じることはなくなったとのことです。

 

このまま、爪が生え変わるまで補正をし続けることで正常な爪の状態戻していきます。

ほとんどの方が補正1回目で痛みの軽減を実感されています。

 

また、見た目にも綺麗な仕上がりで装具がついているのが分からないほどなので、特に女性にはうれしい補正法です。

夏場でも素足でお出かけできますよ!

また、ネイルを塗ってもらうことも可能です。

※ネイルを塗った場合のオフする時には当院にお任せいただくようになります。

除光液を使用してしまうと補正具が剥がれやすくなります。

 

まずは無料カウンセリングをご予約下さい

「巻き爪かな?」と思ったら、まずは無料カウンセリングをお受けください。

爪の状態の確認をさせていただきます。

補正具がつけられる状態かどうか、化膿していないか、感染症などの確認など行い、

補正期間、料金、ご来院予約などのご説明をさせていただきます。

 

無料カウンセリングは要予約となりますので必ず事前にご予約をお願いいたします。

 

春日部市たろう保健整骨院 電話:048-677-0643

 

 

 

 

【巻き爪症例】重度の巻き爪

2018.07.10

こんにちは。

たろう保健整骨院スタッフの吉田です。

春日部市内ではセミが鳴き始めました。

セミの声を聴くと一気に夏!って感じがしますね。

暑い夏が始まりますね!

 

【巻き爪症例画像】重度の巻き爪

巻き爪症例画像

 

越谷市在住 O様 巻き爪補正 before→after

before画像の爪の状態を見ると、左右からクルッと巻き込んでしまっている重度の巻き爪です。皮膚も中央にグッと巻き込まれているのもよく分かります。
巻き爪や爪の乾燥の影響で爪が分厚くなってしまい、この状態では自分で爪を切ることも難しいです。爪の内側にゴミなどが溜まりやすくなっているため、詰まってしまったゴミの圧迫でさらに巻き爪の痛みが出やすくなります。

 

O様の巻き爪は、かなり長い年月我慢してしまった巻き爪です。
巻き爪は進行性のものなので、我慢して治るものではありません。徐々に進行し、履ける靴も限られていき、爪も切れなくなり、歩くのも痛くなり、じっとしていても痛みが出てしまう。たかが巻き爪と思っていても、その痛みは相当なものです。

 

初回から痛みの軽減を実感できます

O様の場合は、かなり強い巻きがあり周辺皮膚に炎症もありましたので、補正具をつける前の爪のお掃除の際に少々痛みが出ました。
補正具は、爪が綺麗な状態でなければつけることはできません。
皮膚に炎症が起きている方はチクッと痛むことがありますが、補正具をつけてしまえば痛むことはありません。爪の角度が広がり、皮膚の炎症が収まれば爪のお掃除の際に痛むことはありません。

 

after写真をみてもお分かりいただけるように、重度の巻き爪でも2回目の補正時には、こんなに角度が広がっています。日常生活の中で感じる痛みはほとんどなくなっています。あとは、このまま補正を続け(一か月に一度補正具の交換)爪の生え変わりを待つだけです。


「もしかして私の爪って巻き爪かも?」
とお悩みの方は、たろう保健整骨院までご相談ください。

事前のカウンセリングは無料になりますので是非お気軽にご相談ください。

春日部市たろう保健整骨院 電話:048-677-0643

 

 

 

巻き爪症例

2018.06.20

こんにちは。

春日部市たろう保健整骨院スタッフの吉田です。

梅雨に入りジメジメムシムシ、いやな季節ですね。

でも綺麗なアジサイが見られるこの時期も貴重なものです。

何とか憂鬱な梅雨時期も乗り越えていきましょう!

 

ホチキス型の巻き爪

巻き爪奨励画像

 

春日部市在住 H様 60代女性の症例です。

 

内側の爪の状態を見てもらうとよく分かりますが、

カクっと内側に巻き込む「ホチキス型」の巻き爪です。

爪が当たっている周辺皮膚の状態を見ると、

特に炎症が起きていたり化膿している状態も見受けられませんので

特段今の状態では痛みが出てはいないようです。

 

「痛みはないが、数年前に比べると段々巻いてきている」と感じたため、

今回巻き爪補正を行うことを決心されたようです。


「巻き爪は進行性のものです」

H様がおっしゃるように「数年前に比べて段々巻いてきている」

これは、多くの方に当てはまることだと思います。

何気なく足元を見たときに「前より爪が巻いている」と気が付くことが多いようです。

 

巻き爪は放置していても治るものではありません。

「加齢による水分不足(皮膚の乾燥:爪は皮膚の一部です)」

「靴による圧迫」

「間違った爪切り」

などにより、進行が早まることも考えられます。

 

爪の巻きが強くなると皮膚に爪が食い込み、周辺皮膚が炎症を起こしてしまいます。

炎症が強くなると化膿したり出血したりし、補正具がつけられない状態にまで進行してしまう可能性があります。

 

H様のように痛みが出る前に補正を始められることが理想です。

そのほうが「補正期間」「補正料金」も抑えられますし、何より痛みなく過ごすことができます。


巻き爪症例画像

 

【補正1回目after画像】

爪の角度が変わったのがよく分かります。

爪が食い込んでいた部分の皮膚の凹みもわかるようになりました。

 

【H様のご感想として】

補正具をつけた後も、ついているのが全く分からないほど自然です。

歩いてみても違和感がありません。

これなら無理なく補正を続けていけると安心されていました。

 

H様の場合、爪の乾燥が見受けられますので、補正具を付けた後もご自身で乾燥のケアをすることが重要になります。また、爪が伸びるのが早いようなので、伸びてきたら爪用ヤスリで整えていき適度な爪の長さをキープすることも重要になります。長すぎる爪は爪が割れてしまったり二枚爪になる原因になります。適度な長さをキープすることは健康な爪でいるために非常に重要なこととなります。

 

 

巻き爪症例before→after【重度の巻き爪】

2018.05.18

こんにちは。春日部市たろう保健整骨院です。

いよいよ夏の暑さが到来してきました。

といってもまだまだ5月なので初夏といったところでしょうか。

それにしては気温が上がり過ぎのような気もしますが・・。

身体を壊さないように皆さん、十分ご注意下さい。

 

巻き爪症例 O様のケース

巻き爪

 

上記の症例画像は春日部市にお住いのO様(女性)の症例写真です。

before写真を見てもらうとよく分かりますが、

爪の両サイドが内側に巻き込んでいて、爪の幅が爪先に向かって細くなっているのが分かります。

 

爪が皮膚に食い込み、皮膚が炎症を起こしていると痛みが出ます。

炎症が強くなると化膿したり、出血します。

そうなってしまうと、じっとしていても痛みが強く出ます。

O様の場合は、化膿まではいかなくとも皮膚に軽い炎症が見られたため、

炎症部分を触ると痛みが出る状態です。

 

また、爪が巻き始めてから、上手く爪が切れなかったとの事で爪の長さも長過ぎる状態です。

爪の長さは巻き爪の原因に大きく影響します。

爪は長過ぎてもダメですし、短すぎてもダメです。

 

痛みが強い為、あまり触れずにいた為に、爪の内側にゴミが溜まっています。

ゴミが溜まり過ぎると、皮膚を圧迫しますので更に痛む原因にもなります。

また、爪表面を見てもよく分かりますが、非常に乾燥した状態です。

爪は乾燥すると巻いていく性質を持っている為、

乾燥を放置していると巻き爪の進行が進んでしまいます。

 

O様の場合は

●爪切りが適切でなかった

●爪の乾燥

など、様々な原因で巻き爪が進行し、重度の巻き爪へ変化していきました。

 

1回目の補正で大きく変化が出ました

after写真を見ていただくと、爪先が広がったのが一目瞭然よく分かります。

爪先がクルッと内側に巻き込み皮膚を圧迫していた部分には、

くっきりと爪の跡が残っています。

これは爪が持ち上がったことにより、爪の圧迫もなくなりましたので、

数日~数週間程で皮膚が綺麗に戻っていきます。

 

O様の場合は巻きが強かったため、多少炎症が見られました。

その為、補正具を着ける前の下地衛生処理(爪のお掃除)の段階で少し痛みましたが、

1回目の補正でこれだけの変化がでて、爪の食い込みもなくなりましたので

皮膚の炎症が治まれば、痛みは数日~数週間でおさまります。

1か月後の2回目の補正時には更に爪が持ち上がり、綺麗な爪の形へ戻っていきます。

 

迷っている間に進行します!

ご自身の足の爪も「巻き爪かもしれない」とお悩みの方。

「まだそんなに痛くないし」「食い込み部分を切ってしまえば大丈夫」

なんて思っていませんか?

 

巻き爪の治療を迷っているうちに巻き爪はどんどん進行してきます。

また、食い込み部分を切ってしまうと、どんどん深爪をしてしまい、

更に巻き爪を進行させてしまいます。

 

巻き爪は軽度のうちに治療を開始することで、補正期間も短く、補正料金も抑えられますので

迷っているならば、早めにご相談下さい。

 

※まずは無料カウンセリングにて爪の状態を確認させていただきますので

お気軽にご相談下さい。

【ご予約電話】048-677-0643

 

 

 

 

 

 

春日部・越谷エリアで巻き爪治療院をお探しの方

2018.05.15

こんにちは。

春日部市大枝(せんげん台駅徒歩約5分、武里駅徒歩約12分)にあります

たろう保健整骨院スタッフの吉田です。

春日部市・越谷市エリアで「巻き爪」の治療院をお探しの方

春日部市たろう保健整骨院では【巻き爪】の矯正を行っており、春日部市・越谷市にお住いの方や周辺地域からも多数ご来院いただいております。

【巻き爪】でお悩みの方はとても多く、
「長年我慢していた」「近くに治療できるところがなくて諦めていた」などどいう声をよく聞きます。

【巻き爪】は進行性のものですから、我慢していれば自然に治るというものではありません。
むしろ、我慢すればするほど悪化してしまいます。

軽度のうちに治療しておくと、補正期間も短くて済みますし料金的にも安く済むので、我慢せずに早めに治療を始めることをお勧めします。


春日部市たろう保健整骨院で行っている【巻き爪補正】は施術1回目から痛みの軽減を実感できます。

透明の器具で補正をしますので見た目にも綺麗です。

また、補正具を付けていても普段通りの生活が送れますので安心です。

巻き爪

巻き爪

巻き爪

症例の一部です。

皆さん、「こんなに痛みが軽減するならもっと早く来ればよかった」と言われています。

月に一度通院するだけでOKなので負担も少なく続けられます。

【巻き爪】でお悩みの方は春日部市たろう保健整骨院へお気軽にご相談下さい。

巻き爪について詳しくはこちらをご覧ください→「巻き爪」

※カウンセリング・ご相談は無料で受付しています。お気軽にご相談下さい。

春日部市大枝352-3 山口マンション1F

たろう保健整骨院 電話:048-677-0643

【巻き爪補正 before→after】

2018.05.13

こんにちは。

春日部市大枝(せんげん台駅徒歩約5分、武里駅徒歩約12分)にあります

たろう保健整骨院スタッフの吉田です。

 

今日はあいにくの雨模様です。

室内にある紫陽花を外に出し、雨に当たるようにしました。

雨粒に濡れる紫陽花はやっぱり素敵です。

【巻き爪補正 before→after】

当院、春日部市たろう保健整骨院で行っている「巻き爪補正」の症例をご紹介いたします。


越谷市「せんげん台」にお住いのR様 60代女性

巻き爪症例画像

beforeの状態、爪が内側に巻き込んでいて皮膚に食い込んでいる状態です。

巻きが強い為、ご自身で爪を切る事も難しいようです。

また、立ち仕事の為、靴を履いて立っている時にも痛みが出て辛いとの症状を訴えておりました。

R様が巻き爪になった原因にはいくつか考えられるものがあります。

★加齢による乾燥
★若い頃に先の細いハイヒールをよく履いていた
★長年の立ち仕事

このような事が原因となり、巻き爪を発症してしまったと考えられます。

afterでは食い込みの角度が広がり、爪の形が変わっているのがよく分かります。
R様の場合は、一回目の施術で痛みはほとんどなくなりました。
以降、爪が生え変わるまで補正をし続けることで巻き爪を根本的に治すことが出来ます。


【巻き爪】の原因で一番多いものとしては、R様の原因の中にもありますが【先細りの靴】です。おしゃれな靴はどうしても先が細かったり、本来の足の形には合っていないものが多いです。
そのような靴を無理やり履き続けていると【巻き爪】や【外反母趾】を作り出してしまう原因となってしまいます。後々、年齢を重ねていくと症状が現れていくことがあります。

また、【加齢による乾燥】も【巻き爪】の大きな原因になります。
爪は乾燥すると巻いてくる性質があります。
特に高齢になると身体の水分量が減ってくるため、乾燥が強くなります。乾燥は巻き爪を作る原因になりますので保湿するなどしてケアしていくことが必要になります。

【巻き爪】で悩んでいる方は、お気軽にご相談下さい

巻き爪でお悩みの方はお気軽に春日部市たろう保健整骨院までご相談下さい。

春日部市にお住いの方以外でも、越谷市・さいたま市・松伏町など、近隣地域からもご来院いただいております。1か月に1度のご来院でOKなので、ご負担なくご通院していただけます。

まずは無料カウンセリングからお気軽にご予約下さい。

春日部市たろう保健整骨院 電話:048-677-0643
東武スカイツリーライン せんげん台駅東口徒歩約5分(駐車場1台分完備)

【巻き爪無料カウンセリング】ご予約受付中です

2018.05.12

こんにちは。

春日部市大枝(せんげん台駅徒歩約5分、武里駅徒歩約12分)にあります

たろう保健整骨院スタッフの吉田です。

巻き爪無料カウンセリングご予約受付中です

辛い巻き爪でお悩みではありませんか?

●爪が巻いてきてしまい歩くのが辛い
●爪が皮膚に食い込んでしまい爪が上手く切れない
●どんどん爪が巻いてきている

「巻き爪」は進行性のものです。

放置して我慢していると、巻きが強くなり痛みも辛いものに進行していきます。

※巻き爪について詳細はこちらをご覧ください→【巻き爪】

我慢せずに早期に施術を受けることが非常に重要になります。

春日部市たろう保健整骨院では「ペディグラス法」にて補正を行っております

たろう保健整骨院で行っている補正法(ペディグラス)の特徴は・・・

★月に一度の補正具の交換でOK
★透明の補正具で目立たない
★痛くない安全な補正法(通常通りの生活が送れます)
★施術1回目から痛みの軽減を実感できます

衛生的で安心して受けられる補正法です。

巻き爪でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

まずは「無料カウンセリング」にてお気軽にご相談下さい

巻き爪補正をご希望の方はまずは「無料カウンセリング」を受けていただきます。

★巻き爪の状態の確認
★化膿・感染症の確認
★巻き爪度数の確認(度数により金額が決定します)
★巻き爪補正が可能かどうかの判断

上記の事を確認させていただきます。

カウンセリングは無料となり要予約になりますのでお電話にてご予約下さい。

春日部市たろう保健整骨院 電話:048-677-0643

たろう保健整骨院人気メニュー「巻き爪補正」

2018.05.10

こんにちは。春日部市たろう保健整骨院です。
今回は当院の隠れ人気メニューの「巻き爪治療」についてお話しさせていただきます。

巻き爪でご来院の方からのご質問で「え?1回で治らないんですか?」そう言われる方がいます。
答えは残念ながら「NO」です!
その場の痛みを取るだけであれば一回の巻き爪補正で効果を実感できるかと思いますが、巻き爪は根本治療をしなければ必ず再発します。
その再発のメカニズムには「爪母(そうぼ)」と言われる部分が大きく関係します。
今回は「爪母(そうぼ)」についてのお話させていただきます。
と、その前に今回の投稿の写真にお気づきでしょうか?
これはある方の一回目の補正前と補正後の写真です。
写真を見てもらえればわかると思いますが一回の巻き爪補正でこんなに変わります。
しかも見た目に綺麗なので女性にも大変好評です。(なんと装具の上からペディキュアも塗れます)
さて、ここで話を「爪母」に戻します。 文字通り爪母とは爪の母です。
つまり爪を新しく作る場所の事を言います。 巻き爪の方は、この爪母の配列が「巻いた状態」になってしまっているのです。
簡単に言えば巻き爪とは「爪母が巻いた配列になってしまった状態」をいいます。
どういうことかというと、
爪母が巻いているという事は「巻いた状態の爪しか作れない」という事なのです。
仮に爪を剥いでしまって、新しい爪の生え変わりを待っても出てくるのは「巻いた状態の爪」になります。
一旦巻き爪になってしまったら「巻いた爪」しか作られなくなってしまうのです。
当院の「巻き爪補正」は根本治療を目的としている為、この爪母の配列を整えていきます。
※一度爪母の配列が整えばほとんど再発はありません。
イメージとしては「歯の矯正」に近いかなと思います。
爪の形を変えるのは時間はそんなにかかりませんが、爪母の配列を整えるのが大変なのです。
その為どうしてもある程度の期間が掛かってしまいます。
巻き爪補正の期間や料金は症状や個人により差があるので、
これ以上の詳しい事につきましてはご来院いただきカウンセリング時にお伝えできればなと思います。
※巻き爪補正(カウンセリング含む)は完全予約制になります。
ご予約無しでご来院されても対応できない場合が多いですので、
お手数ですがご来院前には必ずお電話にてご予約をお願いいたします。
※巻き爪は進行性の病変です。
もしご自身が「あれ?私もしかして巻き爪かな?」と思われているのならば
お早めに一度ご相談ください。
当院へは近隣の春日部市・越谷市をはじめ、
さいたま市や加須市・野田市など遠方からも「巻き爪補正」を受けに来られています。