TEL

咳とくしゃみが腰痛を誘発する!? | 春日部,せんげん台で実績多数の整骨院・整体院 | たろう保健整骨院

Blog記事一覧 > 2015 10月の記事一覧

咳とくしゃみが腰痛を誘発する!?

2015.10.17 | Category: 腰痛

こんにちは。

春日部市大枝(せんげん台駅徒歩5分、武里駅徒歩12分)にあります、

たろう保健整骨院のスタッフの吉田です。

 

今日もドンヨリ曇り空です。いつ雨が降ってもおかしくないような空の色ですね。

このところ風邪を引いている方が増えています。

急に寒さが増してきましたから体が追いついていかないですね。

気温の変化に気をつけながら風邪対策をしていきましょう!

 

今すでに風邪を引いてしまっているという方に「腰痛注意報」です!

咳やくしゃみが続いていませんか?

咳やくしゃみが続くと、腰痛が発症したり元々の腰痛が悪化したりすることがあります。

咳やくしゃみをする際に腰に大きな負担が掛かることが痛みを誘発させてしまう原因となります。

また、咳やくしゃみをする時は思わず腰を曲げてしまう事が多いです。

その為、椎間板に大きな圧が掛かってしまい腰が痛くなる原因となります。

 

 

自然と咳やくしゃみが出てしまうので止めることは中々難しいかもしれませんが

風邪の二次災害で「腰痛」にまでなってしまった・・・なんてことにならない為にも

対策をしましょう!

 

咳・くしゃみで腰痛にならない為には・・

●咳やくしゃみをする際には腰を曲げないように注意する

※不安定な体勢で咳やくしゃみをしてしまうと余計に腰に負担が掛かってしまうので

何かにつかまったりと、なるべく身体のバランスが身体を固定できる状態で

咳やくしゃみをするようにする。

●コルセットを着用し腰に負担が掛からないようにする

コルセットは腰痛の悪化を予防する為にとても効果的です。

※就寝時はコルセットを外して寝るようにしましょう。

コルセットに頼り切った生活をしていると腰回りの筋力が低下してしまいます。

 

この2点を気を付けるだけでも腰痛予防になります。

風邪予防&腰痛予防に気を付けて元気に寒さを乗り切りましょう

 

体重増加は足腰に負担が掛かります

2015.10.07 | Category: 腰痛,膝の痛み

こんにちは。

春日部市大枝(せんげん台徒歩5分、武里駅徒歩12分)にあります、

たろう保健整骨院のスタッフの吉田です。

 

今日は綺麗な青い空ですが、非常に風が強く吹いています。

午後からは更に風が強くなるとの予報なので

みなさん外出の際はお気をつけてください!

 

さて、先日のブログで「食欲の秋」ですね~とお話させていただきましたが、

このところの食欲増加に比例して体重も増加し、

それに付随して膝痛や腰痛が発症してしまったという方がいます。

これはいけませんね!

 

体重が増加しても、それを支えるだけの筋力があれば問題はありませんが、

特にご高齢者の方などは筋力が低下している中での体重増加では

足腰に負担が掛かってしまう事になります。

 

食欲の秋と言われるこれからの季節。

美味しい誘惑が多いですが「美味しいものは適量頂いて、適度に運動」

これを心がけるようにしましょう!

体重を増やすのはとても簡単ですが、体重を減らすのは非常に大変です。

毎日体重計に乗ることを日課にすると、それだけで体重をコントロールする意識が芽生えます。

 

当院では膝痛予防・腰痛予防の為のストレッチや筋力トレーニングを指導しております。

自宅で出来る簡単な運動法です。

これを毎日続けることによって、腰痛・膝痛の除去・予防ができます。

また、ダイエット効果もありますので体重のコントロールも期待出来るかと思います。

 

お身体のお悩みが御座いましたらお気軽にご相談ください。

たろう保健整骨院 048-677-0643

 

高齢者の肩こり予防体操

2015.10.04 | Category: 首・肩の痛み

こんにちは。

春日部市大枝(せんげん台徒歩5分、武里駅徒歩12分)にあります、

たろう保健整骨院のスタッフの吉田です。

 

「高齢者の肩こり体操」

肩こりとは?

首や肩、背中に「痛み」「重だるさ」「突っ張り感」が起こります。

症状も人によって様々で症状を感じる人もいれば、

全く自覚がない人もいます。

肩こりに共通していることは、首や肩、背中の筋肉の力が抜けなくなっている点です。

「肩こり」という病名はなく、これは病態を表す名称です。

 

1.原因

肩こりの原因は筋肉(主に僧帽筋の血流が悪くなる)や、

※僧帽筋・・・人間の背中の一番表層にある筋肉

目の疲労、背骨の変形、悪い姿勢、肥満、運動不足など色々あります。

肩こり体操は症状の改善、筋肉の力を抜きやすくし、肩こりの症状を和らげる体操です。

 

2.注意

肩関節に痛みを感じるようになった時や、首の痛み・手がしびれる場合は、

医療機関を受診して下さい。

 

3.予防法

●適度な運動を少しづつでも行う

●首や肩を冷やさない

●入浴で血行を良くする(38℃~40℃)のぬるめのお湯でゆっくりとつかる

 

効果的な肩こり体操

※筋肉には力を入れた後に緩む性質があります

①姿勢を正し、両方の方を耳に近づけるように

ゆっくり上げて肩をすくめます

②息を止めないで出来るだけ高く肩を上げ続けます

③5秒たったらストンと一気に力を抜いて肩を下ろします

④3回繰り返します

 

「肩甲骨の運動」

※肩こりのある方のほとんどは、背中が曲がって肩が前に突き出ています。

肩の位置を戻せるように、肩甲骨の運動をしましょう。

①頭の後方で両手を組みます

②胸を後ろに軽く反らしながら両手の肘を横に開きます

③肩甲骨をしっかり後ろに寄せるよう意識します

④息を止めないで5秒たったら元の位置に戻します

⓹3回繰り返します

 

~彩のけんこうより~

 

簡単にできる運動なので、毎日続けることが大切です。

健康維持の為にも頑張って運動をしましょう!