TEL

運動後の筋肉痛、アフターケア | 春日部,せんげん台で実績多数の整骨院・整体院 | たろう保健整骨院

Blog記事一覧 > 2014 8月の記事一覧

運動後の筋肉痛、アフターケア

2014.08.28 | Category: スポーツ障害・ケガ

おはようございます。

スタッフの吉田です。

昨日、今日は非常に涼しいですねindecision

半袖だと少し寒いくらいです。

お出かけの時は一枚羽織るものを忘れずに!

電車の中は冷房がまだ効いています!

こんな時は体調を崩さないように、気を引き締めなければなりませんね。

 

 

本日は「運動後の筋肉痛・対処法」についてお話したいと思います。

健康のためにスポーツを楽しむ人が増えてきましたが

今回は久しぶりの運動で起きた筋肉痛の対処法を紹介します。

筋肉痛には2種類あります。

一つは激しい運動中や運動直後に突然筋肉が強く収縮して痛む「筋肉けいれん」です。

足がつる状態をいいますが、これは一時的な症状です。

けいれんした筋肉を徐々に伸ばせば痛みは和らぎます。

その後も運動を続ける場合、テーピングや湿布、マッサージなどで血行を促進する処置を行うとよいです。

もう一つは運動した翌日や翌々日に痛みが生じるケースです。

これは運動による筋肉の損傷を修復・強化する過程で生じる炎症が原因となります。

1~2日たっても動作がぎこちなくなるほどの痛みがある時は冷湿布を使用します。

痛みが和らげば軽いストレッチや伸縮テーピングなどをしましょう。

この状態になるのは明らかに運動量が多すぎるからです。

最初は軽い運動を行い、徐々に運動量を増やしてください。

十分に準備運動と整理運動をして、少し筋肉痛があっても

ウォーミングアップしているうちに気にならない程度になる運動量が適切です。

ご自分の身体と向き合って相談しながら健康生活を続けていってください。

内反肘・外反肘について

2014.08.21 | Category: スポーツ障害・ケガ

皆さんはかき氷好きですか?

コンビニやスーパーで売っているかき氷も美味しいけど、

やっぱり甘味所などで食べるかき氷のおいしさには勝てませんね。

氷がふわふわの滑らかな感じがたまりません。

わたしは宇治金時が大好きです。

かき氷

白玉とコンデンスミルクをトッピングして豪華に!

夏が終わるまでにあと何回食べられるかな~。。

 

 

さて、本日は「内反肘・外反肘」についてお話したいと思います。

内反肘とは、腕を真っ直ぐに伸ばしたときに

肘のところから「小指側」に湾曲している腕の変形を内反肘といいます。

外反肘とは、腕を真っ直ぐに伸ばしたときに

肘のところから「親指側に」湾曲している腕の変形を外反肘といいます。

どちらも考えられる大きな原因としては、

子供の頃の骨折が原因となり、うまく整復されなかったことによるものと

考えられます。

ほとんどの場合は日常生活のうえで機能が問題となることはありません。

しかし、まれに肘の変形が原因となって手のしびれが起こることがあります。

このような症状が現れた場合は、手術が必要になることもあります。

しびれの原因は、肘の変形によって肘を通る神経が圧迫されて起こるもので、

遅発性尺骨神経麻痺と呼ばれます。

この場合には、神経の圧迫を取り除く為、神経を剥離したり

骨の一部を削ったりする手術が必要になることがあります。

 

子供の頃に怪我をした後のケアは非常に大切です。

大したことないといった安易な判断をせずにきちんとした施術をすることをお勧めします。