TEL
MENU

Blog記事一覧 > 冬の寒さ対策~衣食住~③住の記事一覧

冬の寒さ対策~衣食住~③住

2016.01.06 | Category: 新着情報,日記,未分類

こんにちは。

春日部市大枝(せんげん台駅徒歩5分、武里駅徒歩12分)にあります、

たろう保健整骨院のスタッフの吉田です。

 

冬の寒さ対策~衣食住~③住

エアコンの暖房は暖かい空気が上へ上へと流れるため、

顔がほてり、足元が冷えている場合が多く、

また、空気が乾燥してしまうため風邪をひきやすくなることも。

加湿器などをうまく使ってお部屋が乾燥しないように気を付けましょう。

 

季節に限らず、通年でオススするのが、お風呂にゆっくりつかることです。

寒い季節は熱いお湯に入りがちですが身体を芯から温めるには、

40度くらいのぬるめのお湯にじっくりつかるのがおススメです。

 

寝るときに身体が冷えてなかなか寝付けない・・・そんな人におススメなのが湯たんぽです。

寝る前に湯たんぽを布団の中へいれて温めておくと、温かい布団の中でゆっくりと眠れます。

足元が冷える人はお尻あたりにいれておくとよいでしょう。

そして、お布団に入った後はしばらく湯たんぽをお腹に当てて、

体幹を温めてから足元に湯たんぽを移動させます。

手先が冷える場合は、二の腕を温めると温かい血が指先に巡っていきます。

※このところ湯たんぽによる低温やけどをしてしまう方が多いようです。

特にご高齢者の方は十分注意が必要です。

寝る一時間前に湯たんぽで布団を温め、寝る時には湯たんぽを取り除いても

ポカポカと温かく眠ることができます。

湯たんぽを使用する場合は十分注意して使用するようにしましょう。

 

冬は寒さのため、運動などには向いていない時期です。

しかし、寒い、冷たい部分を温めることでも改善しやすく、

身体の冷えにも気づきやすいというメリットもあります。

冬の間に冷え対策をしっかりとして冷えにくい体作りをしておきましょう。

 

~彩のけんこうより~