TEL
MENU

春日部市たろう保健整骨院ではスポーツ中や日常生活で負ってしまった「ケガ全般」の施術をしています。春日部市たろう保健整骨院では土曜・日曜も営業していますので急なケガの場合にもお気軽にご相談ください。(※祝祭日・第二日曜日はお休みになります)

受付時間
AM9:00~12:20
PM15:00~19:20

※初めての方は必ずお電話にてご予約をお願いいたします。
初診の場合は受付終了時間の1時間前までのご予約をお願いいたします。

▲日曜日午後 受付時間15:00~17:00となります
祝祭日・第二日曜日はお休みになります

骨折

スポーツ中のケガや転倒やぶつけるなどで「骨折」が疑われる場合、まずは「整形外科」にてレントゲン診断を受けましょう。画像診断等で骨折が認められた場合、その後の施術を「整形外科」「整骨院」のどちらで行うかご自身で判断することが出来ます。
※「整骨院」にて骨折の施術を受ける場合にはドクターの同意が必要になります。整骨院へ転院をご希望される場合は、かかりつけの先生にご相談して下さい。


【骨折が疑われる場合の特徴】
・痛めた部分を軽く押してみて、強い痛みがある場合
(痛めた数時間後に患部が腫れてきます。骨にヒビが入っている場合でも痛みを伴います)
・見た目ですぐに判断できる位、変形している
(この場合、みるみるうちに腫れ上がってきます。早めに専門機関を受診して下さい)

※捻挫と骨折の見極めは難しいものです。捻挫と骨折では処置方法も異なりますので、ご自身で判断せずに専門機関へ受診するようにしてください。

【整骨院と整形外科では骨折に対する施術方法が違います】
整形外科と整骨院ではそれぞれ役割が違う為、骨折に対して行う治療も異なります。【整形外科】での骨折治療は「痛み止めの処方・注射・機械での治療」が中心となります。
当院、春日部市たろう保健整骨院のような【整骨院】での骨折に対する施術は「薬や注射に頼らずに改善を目指す」ことをモットーとしています。
(※骨折の状態を診て有効と思われた場合は超音波にて骨折施術を行います)
春日部市たろう保健整骨院での【骨折の施術】は、痛めた場所をよく検査し、実際に身体に触れ「手当」をしていきます。また、早期回復を図るための「リハビリ」「運動療法」も行っています。骨折してしまった場合は、ある程度の期間安静にすることが必要ですが、包帯固定をし続けて動かさずに過ごしていると、筋力の低下や可動域制限が見られるようになる為、リハビリに時間が掛かってしまう事があります。適切な時期にリハビリを開始することがとても重要な判断になります。

※整形外科での【骨折】の治療は「薬・注射・電気治療」が中心となります
痛み止めの薬や注射での骨折治療にももちろん利点はありますが、薬で痛みを麻痺させてしまうと、患部に負担の掛かる動作を知らず知らずにとってしまい、回復を逆に遅らせてしまう場合もあります。
また、長年薬を飲んでいても症状が改善されない場合は、その治療法がご自身のお身体のケガの状態に合っていないのかもしれません。そのような場合はお気軽にご相談ください。

捻挫

スポーツ中のアクシデントや転倒・交通事故などで起こる「捻挫」靭帯、腱、軟骨などを損傷することを「捻挫」と言います。特にスポーツをやっている方にとっては「捻挫」はつきものです!

捻挫をした場合「痛み」「腫れ」「熱感」「内出血」を伴う為、骨折との判断がつきにくいです。【骨折】と【捻挫】では施術法も違います。自己判断せずに専門の機関を受診するようにしてください。捻挫を放置してしまうと、骨折よりも長引いてしまうケースもあります。また、捻挫だと思っていたら「靭帯が切れていた」「脱臼していた」などという場合もありますので注意が必要です。


【捻挫の施術について】
「冷却」捻挫した直後、熱感を伴う場合は「アイシング」をすることが非常に重要になります。痛みの範囲を広げない、炎症を抑える為にも「アイシング」することがとても大切です。アイスノンや湿布で部分的に冷やすよりも「氷嚢」で患部全体を覆うようにしっかりとアイシングすることが大切です。

「回復」疾患部の早期回復を図る為のマッサージ(手技施術)や超音波治療を行います。

「安静」「包帯・テーピング」包帯やテーピングで関節を固定し(必要に応じてギプス)腫れを防ぎます。後々後遺症を残さない為にも適切な期間安静にすることが必要です。

脱臼

強く引っ張る、ぶつける、捻るなどで起こる「脱臼」一般的には「肩関節」に起こる事が多いですが、骨と骨を繋ぐ「関節」ならばどこにでも起こる可能性はあります。完全に脱臼してしまうと激痛で動かせなくなり、痺れが出ることもあります。

脱臼は骨折が隠れていたり、軟部組織を損傷していたりすることがある為、整骨院にて整復したのち、整形外科や医療機関を受診するようにしましょう。整骨院では脱臼の応急処置と後療を行う事が可能です。


【脱臼の施術について】
まずは患部の検査をし、外れてしまった関節を元の位置に戻す「整復」をします。

【脱臼で気をつけなければならない事】
・脱臼したことに気が付かずに放置したり、長時間経過してしまうと元の位置に戻りづらくなってしまう可能性があります。

・整復後、適度な安静期間を守らなかった場合、脱臼を再発してしまう可能性もあります(特に若年層に注意が必要)脱臼した場合、周りの組織を損傷している可能性がある為、しばらく安静にし痛んだ組織を回復させることが必要になります。

春日部市たろう保健整骨院にて「脱臼」の整復をご希望の場合は、まずはお電話にてご相談ください。

1歳~6歳位までのお子さんに多いのが「肘内障~ちゅうないしょう」

(症状)不意に腕を引っ張られた際に生じる事が多く、急に腕が上がらなくなって痛がります。腕をだらんと垂らしたまま曲げようとしなくなります。

春日部市たろう保健整骨院へも肘内障による症状でご来院されるお子さんが沢山いらっしゃいます。まずは「慌てずに」お電話にてご相談ください。

打撲

転倒や強くぶつけるなどして起こる「打撲」傷口を伴わない軟部組織の損傷のことを言います。
強くぶつけてしまい腫れが酷い場合などには、骨折していることもあるのでレントゲン検査をするようにしましょう。軽い打撲で腫れや痛みが強くない場合には自然治癒を待ちます。

【打撲してしまった時の対処法】
腫れや炎症を抑える為にアイシングをすることが大切です。アイシングはアイスノンや湿布ではなく「氷嚢」で全体を覆うようにしっかりとアイシングをすることが大切です。受傷後の適切な対処が非常に大切になります。

春日部市たろう保健整骨院では「スポーツ愛好家」の皆さんを応援します

スポーツをやっている方にとって「ケガはつきもの」だと思います。真剣に取り組めば取り組むほど、ケガや身体の不調とは向き合っていかなければならない問題になってくるかと思います。

大好きなスポーツを長く楽しんで続けていく為には「早期回復」「後遺症を残さない」事だと思います。その為にはしっかりと適切な施術を受け、改善後もご自身の身体としっかりと向き合っていくことが重要になります。


春日部市たろう保健整骨院では「スポーツ愛好家」の方々が楽しくスポーツ出来るよう全面サポート致します。また、当院では土曜・日曜も営業していますので練習中の急なケガなどの場合にもご対応させていただきやすいです。(※第二日曜・祝祭日はお休みになります)

・大会や試合前のコンディショニング調整
・テーピング・包帯
・大会や試合後のアフターケア
・身体の専門家によるストレッチ&筋トレ指導

ご希望が御座いましたらお気軽にご相談ください。
アスリート&ジュニアアスリートのメンテナンス詳細は→「アスリートメンテナンス」

お子さんのケガには「春日部市こども医療助成制度」が適応されます。
詳細はこちらをご確認下さい→「春日部市こども医療費について」