TEL
MENU

お尻~足にかけて痺れがあり、長時間の歩行が辛くお悩みではありませんか?
酷い場合は安静時にも痺れが発症し「眠れない」「座っていても辛い」など、
足の痺れでお悩みの方は春日部市たろう保健整骨院へご相談ください。

 

関節痛のイラスト(腰)こんな症状でお困りではありませんか?

●歩いているうちに痺れが酷くなり連続して長時間歩くことができない
(※少し休むと、また歩き出すことが出来る)
●お尻~つま先にかけて痺れと違和感がある
●痺れが酷く座っていても、立っていても辛い

 

症状が進行し悪化した状態だと、
「痺れが酷くて一分も歩けない」「立っていられない」といった方もいらっしゃいます。
痺れや下肢の違和感を引き起こす原因を知り、
その原因を取り除いていくことがとても重要になります。

まずは、自分の身体の痺れの原因を知ることから治療の第一歩となります。

 

春日部市たろう保健整骨院では
原因を探る為のカウンセリング・検査をしっかりと行っています。
施術を受けられる方に原因を知ってもらう為に分かりやすく説明をし、
術者と施術を受けられる方が二人三脚となり一緒に改善に向けて頑張っていきます。

 

 

痺れの原因として多いもの

足に痺れがあるからといって、足に原因があるとは限りません。
ほとんどの場合の足の痺れは「腰痛」が原因になっている場合が多いです。

 

【脊柱管狭窄症による痺れ】
加齢に伴い脊柱管が狭くなり、神経を圧迫して様々な症状が現れます。
脊柱管狭窄症はMRI画像診断ですぐに判明します。
60歳以上では5人に1人が脊柱管狭窄症の所有を有しているとも言われています。
※脊柱管狭窄症を有しているからと言って全ての人に症状が現れる訳ではありません。

 

脊柱管狭窄症の代表的な症状としては足の痺れ。
歩行や立位を継続することで痺れが生じます。※間欠性跛行はその為に起こります。

 

※間欠性跛行(かんけつせいはこう)とは・・・
脊柱管狭窄症の場合、連続して歩いていると痺れや違和感・痛みが強まってきます。
一時休息することにより症状が軽減し、再び歩行が可能となることを間欠性跛行と言います。

 

 

【腰椎椎間板ヘルニア】

神経組織に炎症を起こす事で、痛み・痺れなどの症状を引き起こします。
お尻~ふくらはぎにかけて痛みます。「坐骨神経痛」と言われる症状です。

 

薬や湿布、注射で痛みを誤魔化さずにしっかりと根本的に改善しましょう

「脊柱管狭窄症」や「ヘルニア」と診断され、痛みを薬や注射で誤魔化し続けていませんか?

薬や注射だけでは根本的な改善にはなっておらず更に症状が進行してしまう可能性もあります

 

痛み止めを服用し、痛みを感じずに動いていると腰に悪い動きをしていても気づきません。
腰に負担の掛かる動きをし続けると当然症状は進行してしまいます。
どうしても痛い時は痛み止めを飲むことは有効ですが、
痛み止めを服用し続けることはお勧めできません。

 

しっかりと痛みの原因と向き合い、原因となっているものを日常生活の中から排除し、
根本的な改善を目指していくことが今後生活を送っていくうえで必要になります。

 

春日部市たろう保健整骨院では、
お一人お一人の痛みの原因を探り、その方に合った施術プログラムを組み立てます。

●手技治療
●姿勢指導
●腰痛予防運動・ストレッチ

などを組み合わせて施術を行っていきます。
たろう保健整骨院では、術者と施術を受けられる方が二人三脚で改善を目指していきます。

 

足の痺れでお悩みの方は是非たろう保健整骨院へご相談ください

足の痺れが原因で外出が不安だったり、家族やお友達とのお出かけも諦めているという方。
諦めずに施術を受けてみませんか?

 

春日部市たろう保健整骨院では、
足の痺れでお悩みだった方が痺れから解放されて、
趣味に復帰していたり家族やお友達とのお出かけを楽しんでいる方が大勢いらっしゃいます。

 

まずはお気軽にお電話にてご相談ください【電 話】048-677-0643

お電話受付時間 午前8:45~12:20 午後15:00~19:20

 

受付時間 
AM9:00~12:20
PM15:00~19:20

※初めての方は受付終了時間の1時間前までのご予約をお願いいたします

祝日・第二日曜日はお休みとなります
日曜日午後 受付時間 15:00~17:20となります

春日部市たろう保健整骨院 たろう保健整骨院電話048-677-0643